バルデナフィルとシルデナフィルを比べる為に、まずどのような医薬品に含まれているか調べる女性

バルデナフィルとシルデナフィルについてご存知ですか?…では、少し言い方を変えてみましょう。レビトラとバイアグラなら、聞いたことはありますか?実は先程のバルデナフィルとシルデナフィルは、この有名なレビトラとバイアグラの成分名なのです。

バルデナフィルとシルデナフィルの効果の違いとは

バルデナフィルとシルディナフィルは、共に勃起不全治療薬として使われています。バルデナフィルはレビトラ、シルディナフィルはバイアグラの商品名でよく知られています。レビトラやバイアグラは日本で許可されている薬ですので、病院で勃起不全だと診断されると処方してもらうことが可能です。
両者の効果の違いとしては、服用後の効果がでるまでの時間に差が見られます。
バイアグラよりもレビトラの方が早いと有名です。空腹時に服用すると、バイアグラの場合には30分くらいで効き目があらわれますが、レビトラだと20分くらいでも作用します。とはいえ、薬の効き目には個人差がありますので、レビトラよりもバイアグラの方がよく効いてくれる人も存在します。
基本的に性行為の1時間前に服用しますが、食事をとったのであれば、食後2時間くらい経過してから服用すると、薬の効果を弱らせる心配が少なくなります。
どちらも食事内容に影響を受ける薬で、あまり脂っこいものと一緒に取らないほうが良いとされています。どちらかといえば、バイアグラの方が食事の影響を受けやすいという違いがあります。レビトラはバイアグラよりも食事の影響力が少なく済むため、あまり食事内容を気にせずとも効き目が早くあらわれるメリットを持っています。
とはいえ、レビトラが全く食事の影響を受けない訳ではありませんから、バイアグラと同じような感覚で服用するのが望ましいといえます。正しく服用するためにも、医者の説明をよく聞くことが大切です。
持続時間についてはレビトラの方が長めです。バイアグラは5時間程度で、レビトラも10mgの服用なら5時間と同じくらいですが、20mgを服用することで10時間くらい持続してくれます。
またこういった勃起薬を通販で購入するという方法もあります。
勃起不全だけど病院で診察を受けるのは気が引けるという人でも大丈夫です。
医薬品は通販サイトを利用すれば病院処方よりも断然安くしかも簡単に買うことができますので利用者も増えてきています。
気になる人は一度利用してみると良いでしょう。

バルデナフィルとシルデナフィルの普及率の違い

バルデナフィルは、ED治療薬のレビトラの成分で、勃起不全や満足の出来る性行為が出来ない人にとっては、最高の治療薬の成分となっています。特徴は即効性がED治療薬の中でも最速となっており、性行為の前に服用するだけで、満足の行く性行為が出来てしまうのです。
作用効果時間は最高で6時間程度となっておりますが、その間は、性的興奮さえ受ければ何回でも勃起する事が出来るのです。勃起力もほかのED治療薬と比べても強力的な物で、バルデナフィルの成分によって、強制的に勃起させられている感じを実感出来るのです。
シルデナフィルは、ED治療薬のバイアグラの成分で、作用開始時間だけはバルデナフィルより劣るのです。普及率は、シルデナフィルの方が高く、理由は、国内で一番最初に認可されたED治療薬なので、使っている人もとても多いからなのです。
しかし次に国内認可されたED治療薬のレビトラが出てからは、即効性が強い事が知られて、バルデナフィルに段々と移ってきている状態なのです。人気もうなぎ上りで、特徴の違いから使うED治療薬を変更している人が多くなってきているのです。このままいくと、バルデナフィルの方が普及率が高くなる可能性もあるのです。
効き目のほんの少しの違いですが、ED治療薬を使う人にとっては、服用時間が気にならない方が良いので、即効性のある方を選ぶのです。副作用は両方とも同じ感じですので、作用効果時間の差だけで、選んでいる状態なのです。またどちらもジェネリック薬として色々出ていますが、ジェネリック薬ではバルデナフィルの方が価格が安く、入手できるので、バルデナフィルの方が普及率が高いと言える状態になります。使う人の希望により選ぶものが変わってきているのです。

バルデナフィルが含まれたレビトラ以外の医薬品

バルデナフィルは世界的にも有名なED治療薬の一つであるレビトラに含まれている成分です。レビトラは特許がまだ有効であるために、一般的にはジェネリックは販売されていないので日本の病院でレビトラのジェネリックを処方してもらう事は通常はありません。
ただ、それはあくまでも日本だけで見た場合の話であり、バルデナフィルを含んでいる医薬品はレビトラ以外にも存在しています。それではそのような医薬品はどこにあるのかというと、インドで製造や販売が行われています。
以前、インドでは医薬品に関する特許の一部が認められていなかったために特許が有効である期間であったとしても、同一成分を利用した医薬品を製造や販売する事が可能となっていました。現在では特許については改正されたために事情は変わってきているのですが、それでもこれまでに製造や販売が行われていた医薬品についてはそのまま販売する事が全く不可能となったわけではなく、バルデナフィルが含まれたジェネリック医薬品は現在でも手に入れる事ができるようになっています。
ただし、日本ではそれらインドのジェネリックについては未承認という扱いになっているために一般的な入手手段としては個人輸入となります。輸入しなければならないとなると躊躇う人も多いですが、そう難しく考える必要はないです。個人輸入の手続きを全て自分自身で行うとなると知らない人からすれば大変ではありますが、手続きを自分で行う必要はないのです。代わりに手続きを行う個人輸入代行業務を行っている業者が運営している通販サイトがネット上にあるので、その通販サイトを利用すれば代わりに行ってくれて輸入に関する手続きの心配をする必要はないからです。