バルデナフィルとシルデナフィルを比べる為に、まずどのような医薬品に含まれているか調べる女性

バルデナフィルとシルデナフィルについてご存知ですか?…では、少し言い方を変えてみましょう。レビトラとバイアグラなら、聞いたことはありますか?実は先程のバルデナフィルとシルデナフィルは、この有名なレビトラとバイアグラの成分名なのです。

バルデナフィルの評判と睡眠に与える影響

バルデナフィルは勃起不全を改善するED治療薬の一種で、日本国内ではレビトラ錠として泌尿器科やED治療専門クリニックなどから処方を受けることができます。バルデナフィルの特徴は、服用から効果が現れるまでの時間が短く、他のED治療薬と比べて即効性に優れることです。ED治療薬の中では、効き目の早さと強力な効果から、突発的な性行為にも対応できると評判の高い薬です。
陰茎は脳が興奮を感じると神経を通じて血管が拡張し、血液が流れ込むことで膨らむ仕組みです。しかしPDE5と呼ばれる酵素は、陰茎の勃起をしずめる効果があり、十分な勃起を得られなかったり、維持を困難にします。バルデナフィルにはこのPDE5を阻害する作用があることから、PDE5阻害薬と呼ばれています。 バルデナフィル自体に興奮を高める効果はなく、女性が飲んでも全く効果はありませんので、注意しましょう。バルデナフィルは性的な刺激を感じた時に勃起をサポートするので、服用した後に勃起が治まらなくなったり、自分の意思と反して勃起してしまうことはありません。
バルデナフィルにはいくつか副作用があり、代表的なものが頭痛や鼻づまり、顔の火照りです。これらの症状は血管を拡張させる作用のためで、薬の効き目が切れて来ると症状も消え去ります。性行為に支障がない限り、心配する必要のない副作用です。他にまぶしさを感じるなどの一過性の視覚異常が現れることがありますが、視力の低下など急激な症状でない限り、自然と回復します。睡眠に影響を与える副作用はなく、眠気が起きる心配はありません。狭心症や心不全の治療に用いられる硝酸薬は、併用すると急激な血圧の低下を招くことがあり、飲み合わせには注意が必要です。